GPIBエラー発生時の復旧方法

05/04/15 青山

06/03/13 谷田

1.適用

LabViewソフト使用中に、GPIBエラーが発生した場合の対処について適用する。

2.対処方法

○対処1

PCの再起動を行う。
4DSlit-Move等のプログラムでGPIBエラーが出ないことを確認する。
・それでもダメな場合は、「対処2」へ。


○対処2

・デスクトップ上のMeasurement&Automationをクリック
・以下のGUIが出てくる。

・“デバイスとインターフェイス”左の+をクリック。
GPIB0(GPIB−ENET/100)を右クリックする。
・メニューより”NI488.2 トラブルシューティングウィザード”を選択して実行する。
・画面右下に”NI488.2 トラブルシューティングウィザード”のGUIが出る。
GUI内のステータスが”正常”になることを確認する。
4DSlit-Move等のプログラムでGPIBエラーが出ないことを確認する。
・それでもダメな場合は、「対処3」へ。

○対処3

.GPIB-ENET/100

・正面の電源スイッチをOFF。
PC本体上にあるGPIB-ENET/100に接続しているGPIBケーブル(2本)を外す。
・正面の電源スイッチをON。
・正面のLEDのうちPWR/RDYが黄色点灯、LINK10/100が緑点灯になるまで待つ。
GPIBケーブルを繋ぐ。
・上記の「対処2」を行う。

以上の手順でもエラーが出る場合は、谷田まで連絡を下さい。