1. はじめに

1.1. エンコーダー高速読み取り器EIB741の初期化

以下の場合は、EIB741の初期化を行ってください。
 ・エンコーダー表示器(ND 287)と値が異なる場合
 ・光学調整を行った直後
 ・EIB741を再起動させた場合

  1. menu3.vi  opticsタグ  MOVE θ を選択して実行labview run inactive を押します。

  2. MOVE θの画面が表示されたら、実行labview run inactive を押します。

  3. RESET EIBを押します。

  4. reloadを押して角度が表示器と同じ値になっていること確認してください。

2. 画面の説明

Tiger

2.1. 各部名称と機能

① Start (deg)

測定開始角度を設定します。

② End (deg.)

測定終了角度を設定します。

③ Step (deg)

読み取り角度を設定します。  通常は、Step scan XAFSのXANES領域でのステップ角を設定します。

④ Total time(sec)

測定時間(秒)を設定します。

⑤ fix θ (Piezo TuneでFixed θを選択すると表示されます。)

Piezo Tune を行う分光器の角度(°)を設定します。また、calc.ボタンを押するとStart と Endの範囲の中点の角度が設定されます。

⑥ Piezo Tune

Δθ1スキャンのモードを選択します。
  ・Auto: θがStartとEndの範囲の中点の角度まで動いた後、Δθ1スキャンを行います。
  ・off: θがStartとEndの範囲の中点の角度まで動きますが、Δθ1スキャンは行いません。
  ・Fixed θ: fix θで設定した分光器の角度θでΔθ1スキャンを行います。

⑦ Loop

繰り返し測定の回数を設定します。

⑧ Interval(sec)

繰り返し測定での各測定間の間隔時間設定します。

⑨ Skip

繰り返し測定中に測定を中止する場合にこのボタンを押します。

⑩ 19SSD counter

19素子SSDを使用する際に使用する処理系(xMAP)を選択します。

⑪ dead time

数え落とし補正プログラムDeadTimeCorrection.viのデータファイルを読み込みます。

⑫ space/tab

データファイルのデリミタ(スペース切り/タブ切り)を選択します。デフォルトはspaceです。

⑬ STOP

測定を中止したい場合に押します。

⑭ START

測定を開始するときに押します。

⑮ Sample name

コメントを入力します。

⑯ RUN(実行)

このプログラムを実行します。

⑰ Abort(中断)

このプログラムを中断します。

⑳ Trigger

Furnace controller等と同期測定を行う場合にこのボタンをONにします。

㉑ Start position

測定開始角でトリガー待ちをする場合はこのボタンをONにします。

㉒ GATE input

外部接続機器からのゲート信号をタイミング信号として入力してする場合には、このボタンをONにします。

STARTを押した後は押さないでください。

⑱ Measuring

測定中に点滅します。

⑲ counter error

カウンターのエラーにより計測できなかった場合に点灯します。

⑳ Trigger

Furnace controller等と同期測定を行う場合にこのボタンをONにします。

㉑ Start position

測定開始角でトリガー待ちをする場合はこのボタンをONにします。

㉒ GATE input

外部接続機器(PILATUSなど)からのゲート信号をタイミング信号として入力してする場合には、このボタンをONにします。

3. QXAFSプログラムの起動

  1. menu3.vi  XAFSタグ  QXAFS を選択して実行labview run inactive を押します。

4. 使用方法

4.1. 基本設定

  1. Sample Nameにコメント文を記入します。

  2. 測定開始角(°)をStart(deg)、 終了角(°)をEnd(deg)、読み取りステップ角(°)をstep(deg)、スキャン時間をTotal Time(sec)に入力します。

    ・ステップ角は、マイナス(-)で入力してください。
    ・開始角度 > 終了角度となるように入力してください。
  3. Piezo Tune でfixed θ を選択した場合、Endの右横にfix θが表示されるので、Δθ1スキャンを行う分光器の角度を設定します。
    calcを押すとstartとendの範囲の中点の角度が入力されます。

  4. データファイルのデリミタをタブ切りにする場合は、spaceのボタンを押してtabに切り替えてください。

4.2. 19素子SSDを使用する場合

準備中(担当者にお尋ねください。)

4.3. 繰り返し測定を行う場合

  1. loopに測定回数を入力します。

  2. 測定間に待ち時間が必要な場合は、interval timeに待ち時間(秒)を入力します。

    ・piezo tuneは、1回目の測定のみ行います。
  3. 測定中に中止したい場合は、skipを押します。 (続けて次のloopの測定を開始します。)

  4. 繰り返し測定を中止したい場合は、stopを押します。

4.4. 外部制御を行う場合

Furnace contoller等を使って同期測定したい場合は、以下の設定を行ってください。

  1. TriggerをONにします。

  2. 測定開始角でトリガー待ちをする場合は、External triggerボタンの右側のstartをONにします。

4.5. PILATUSを使用する場合

  1. GATE input をenableにします。

4.6. 測定開始

  1. 実行 labview run inactive を押します。

    エラーメッセージが出たら、スキャン時間を長くしてください。
  2. STARTを押します。

  3. ファイル名を入力します。

  4. ダークカウントの確認画面が表示されたら、ダークを計測する場合はMeasure、計測しない場合はInputを押します。

    以下の場合は、Measureを選択してください。
    ・電流アンプのゲインを変更した場合
    ・QXAFSを起動してから最初の測定の場合
    ・カウントが0になっている場合

4.7. 測定を中断したい場合

測定中に中断したい場合は、stopを押します。

絶対にviの中断ボタン(abort)を押さないでください。

5. 注意事項

5.1. counter errorが点灯した場合

スキャン時間を長く設定してください。

5.2. ライトル検出器を使用する場合

質量数の大きいガス(Ar,Kr)を使用する場合は、検出器の応答速度が遅くなるため、非常に長いスキャン時間を設定してください。

6. 改訂等

初版 2021.7.2